目の下のしわを取りたい

*
目の下のしわを取りたい

目の下のしわ、なんとか改善したい!

若い頃はピンとハリのある肌をキープしていたのに、ある程度の年齢を重ねてくると、しわの悩みはどうしてもでてきます。

特に、目の下にしわがあると、実年齢よりもかなり老けてやつれた印象になってしまいますから、目の下のしわ、なんとか改善したいですよね。

そもそも目の下にしわができる原因とは、何なのでしょうか。目の下のしわができる原因は、大きく2つ。ひとつは、乾燥によるもので、もうひとつは老化による真皮の退化が考えられています。

●皮膚の乾燥によってできる、目の下のしわ
目の下の皮膚はとても薄くてデリケート。顔の皮膚の中でも一番、薄い部分なので、乾燥もしやすく、「ちりめんじわ」「小じわ」などができやすくなります。 乾燥が原因のしわには、保湿成分を補ってしてあげることで改善します。顔全体としては乾燥している感覚がなくても、目の下だけはとても乾燥していることがほとんど。 パソコンやスマホ、読書などで目を酷使すると目の下にも影響しますので、常に、十分な保湿ケアをしてあげましょう。
●老化による真皮の退化によってできる、目の下のしわ
お肌にハリがある若い頃は、笑った時にしわができても表情を戻せば一瞬でしわは消えます。しかし、加齢とともに皮膚の真皮のコラーゲンが減少し、ハリや弾力がなくなってきます。 そうすると、表情によりできたしわがもとに戻りにくくなり、次第に蓄積されて深く刻まれたようなしわとなってしまいます。 老化はどうしても避けられないものなので、減少するコラーゲンを外側から補ってあげることで肌のハリ・弾力を取り戻すことが必要になってきます。


92bdc8eeade5681d17c31cb1dab992ae_s



日常生活にひそむ、目の下のしわの原因

目の下にしわができるのは乾燥や加齢のせいなのですが、それを悪化させてしまう要因はなんとふだんの生活の中に潜んでいるのです!

●しわに、紫外線は大敵
紫外線はお肌に悪い影響を及ぼすことは誰もが知っていますが、目の下のしわにも大きな影響があります。 紫外線にはA波・B波とあり、B波は肌の表面にダメージを与え日焼けを起こしてしまうものですが、A波は肌の奥の真皮層にまで届き、エラスチンやコラーゲンを破壊してしまいます。 紫外線A波を浴びると肌の内部で活性酸素ができ、活性酸素がコラーゲンをどんどん破壊していくのです。紫外線をなるべく浴びないように、日焼け止めを塗る、サングラスをかけるなど、徹底的にガードしましょう。
●うつぶせ寝に要注意
人間の顔は、しわのくせがつくことでよりくっきりと深いしわになることがあります。寝るときにうつ伏せで寝ると、顔を枕に押し付けてしまい、長時間にわたり皮膚に刺激を与え続けることになります。 しわのくせがつきやすくなるので、うつぶせ寝の習慣がある方は要注意です。
●睡眠不足もしわの原因に
寝不足になると肌の血行が悪くなり、皮膚に栄養が行き渡りにくくなります。そうなると肌の新陳代謝も衰え、ターンオーバー(皮膚の生まれ変わり)もうまく行われません。 ターンオーバーが活発なら、常に新しい角質で保湿成分もたっぷり作られるのですが、ターンオーバーが正常に行われなくなると保湿成分もたりなくなり、肌はどんどん乾燥してしまいます。 乾燥は目の下のしわの原因になるので、しわができやすくなってしまいます。


9dcb07809eca55ff9710debc30c90c10_s




記事