目の下のしわを取りたい

目の下のしわを取りたい
目の下のしわを取りたい > しわを隠す > 目元のしわを隠すコンシーラーの賢い選び方・使い方

目元のしわを隠すコンシーラーの賢い選び方・使い方

「ファンデーションをしっかり塗っているのに、肌の悩みが解消されていないな」と感じてしまうことはありませんか?

コンシーラーはファンデーションでは隠しきれない肌の悩みに使用することで、部分的にカバーをして肌の色を整えて見せてくれるメイクアイテムです。(別名:部分用ファンデーション)

しわやシミ・くすみ・ニキビ・ほうれい線・目の下のクマなど、女性の大敵の大部分はコンシーラーで隠せちゃうくらい、コンシーラーは優秀!

目や目元は特に、話をする時に相手に見られてしまう場所。目も表情の1つで、目元は印象の要ともいえるので、目元の印象によって不健康そうに見えてしまったりしては損してしまいますよね?

いきいきとした表情を作るために、目元の印象を元気にしておくことは大切なことです。

目元のしわを上手に隠すコンシーラーの選び方・使い方について、まとめてみます。

どうして目の下にしわができやすいの?その原因は何?

目の下のしわは、皮膚がたるむことによって生じます。たるんでしまったせいで、目の下が影になってクマになっているように見えたり、実際よりも老けて見えてしまったりということ、ありますよね?

目の下にたるみが起きる主な原因は、老化によって目元の皮膚を支えるコラーゲンが減少したり、目の周りの筋肉(眼輪筋)が衰えたりするのが原因。

目の下はちょっと油断をすると、すぐにトラブルが起きてしまいやすい部分です。他の部分と比べて、トラブルになりやすい理由を挙げてみましょう。

実は目の下の皮膚は、特に薄くデリケート。ただでさえ、顔の皮膚は細心の注意が必要なのですが、目の下の皮膚は0.5~0.6mmしかありません。

もう少し分かりやすく具体的にいうと、卵の殻の裏側についている薄い皮くらい。それが分かると強くこすったり、刺激を与えるのも慎重になりますね。

また目の周りは、どんなに脂性肌の人でも、ほとんど皮脂が分泌されず、とても乾燥しやすく外界からの刺激を受けやすい部分。そして表情の変化によって、運動量がとても多いのも特徴です。

そして女性の場合はアイメイクやクレンジング、コンタクトレンズの付け外しなども目の周りを疲れさせてしまう要因といえるでしょう。

目の周りはごく普通に生活をしているだけでも疲れる要素が多く、ケアを怠ってしまうと早期の衰えやトラブルが起こりやすいのです。

しわのお助けアイテム・コンシーラーを味方に

目の下にしわがあると、どうしても老けた印象になってしまうので年齢を重ねると気になってしまう部分です。まず、基礎化粧品でしっかり保湿をすることが大切。

目の下の気になるしわ部分にも美容液やアイクリームで、たっぷりと保湿をしましょう。保湿が足りないと後で、しわが目立ってしまう原因になってしまいます。

しわを隠すというよりも、目立たせないようにするのがコツ。綺麗にメイクをするには、コンシーラーを味方につけましょう。

目の下のしわはファンデーションを塗りすぎると、時間と共にしわの中にファンデーションが入り込んでしまって、逆に目立つようになってしまい逆効果。

だから、しわを目立たせないようにするにはファンデーションを薄く塗り、ナチュラルに仕上げるのがコツです。

もう1つ、大切なことは目の下のしわ・たるみに限らず、どんな悩みでも分からないようにカバーするメイクは全部、顔全体のベース作り。

「綺麗な肌は七難を隠す」ともいわれるくらいだから、美肌への近道は1つ、1つのプロセスを大切にすることからが始まります。

目の下にコンシーラーを使うと、しわが目立たなくなる理由は?

目元のしわは、ファンデーションを塗ると目立ってしまいます。目尻は立体感がでるように、ツヤ感もアップしてくれるハイライトを使いましょう。

偏光パール色のパウダータイプなら、当たった光を跳ね返すことで肌のトーンをアップしてくれ、しわをカバーしてくれる効果が。

しわに白っぽい明るい色をつけると膨張して見えますし、白は美しさの象徴ともいえる色です。影になっているしわが、グッと前に出ているように見えるので、しわが目立たなくなる効果があり、白塗りの肌はわずかな光のもとでも輝きます。

コンシーラーの選び方

コンシーラーを選ぶ時のポイントの1つが形状。コンシーラーには大きく分けて4つの種類があります。

ペンシルタイプ
名前の通り、鉛筆のような形状をしたコンシーラー。油分が比較的少なく、細かい部分にも使いやすいのが特徴です。
スティックタイプ
口紅のように繰り出し式の形状をしたコンシーラー。カバー力が高く、硬めの感触が特徴です。
クリームタイプ
クリームのように柔らかい感触をしたコンシーラー。油分がやや多めで伸ばしやすいのが特徴です。
リキッドタイプ
水っぽい、緩い感触をしたコンシーラー。カバー力は低めですが、伸ばしやすく肌馴染みが良いのが特徴です。

目の下のしわを目立たせないようにする目的でコンシーラーを選ぶ場合に、おすすめのコンシーラーは、ペンシルタイプのもの。

ペンシルタイプのコンシーラーは筆先を調節しながら、気になる部分にうまく塗りやすいのでコンシーラーを初めて使う人や、手先があまり器用ではない人も安心して使うことができます。

目元は皮膚の動きが激しいので硬いコンシーラーを使うと、よれの原因になるのでペンシルタイプの柔らかいものがおすすめ。

スティックタイプのコンシーラーは、しわが目立つ部分にポン、ポンと乗せるだけで気軽に使うことができ、短時間でメイクを済ませたい時におすすめです。

コンシーラーを使うタイミング

コンシーラーを使うタイミングは併用するファンデーションの種類によって、使うタイミングが異なります。

パウダーファンデーションとの併用時には、ファンデーションを塗る前に

パウダーファンデーションと併用する場合、コンシーラーは化粧下地の段階で、ファンデーションを塗る前に使用します。

その理由はパウダーファンデーションの上からコンシーラーを塗ると、ファンデーションがよれてしまうことがあるから。

お化粧直しにコンシーラーの上からファンデーションを塗る時は、コンシーラーがよれてしまわないように優しく抑えるように塗るのがコツです。

クリーム・リキッド・エマルジョンタイプのファンデーションとの併用時には、ファンデーションを塗った後に

クリーム・リキッド・エマルジョンファンデーションタイプのファンデーションと併用する場合、コンシーラーはファンデーションを塗った後に使用します。

その理由はクリーム・リキッド・エマルジョンタイプのファンデーションは、肌に密着させることが大切だから。

ファンデーションを塗った後にコンシーラーでしわを目立たなくして、最後にパウダーを優しく乗せましょう。

ファンデーションを肌にしっかり馴染ませてからコンシーラーを塗ると、綺麗な仕上がりになります。

コンシーラーの使い方

必要なもの:ペンシルタイプの白っぽいハイライト

1.下地を塗ってから、目の下にハイライトを塗る

下地を塗った後、目の下に逆三角形にハイライトを塗ります。三角形の大きさは、横幅が目の横幅と同じくらい。三角形の縦の長さは、鼻の半分くらいにすると仕上がりが綺麗です。

2.ハイライトを馴染ませる

お化粧用のスポンジを使って、鼻から目尻の方に斜め上に向かって馴染ませます。この時のポイントは白い粉が浮かないように、しっかりと上に向かって、上に向かって馴染ませること。

こうすることで、目元がリフトアップしたように見えて若々しく見える効果があります。

3.最後は、粉おしろいで完成

最後に目元に少しだけ粉おしろいを、フワッとつけるのがポイント。目元は薄くはたいて、余分な粉は落とすことが大切です。目の下以外にファンデーションを塗った時は、ハイライトとの境目ができないように、スポンジで丁寧にぼかしましょう。

ここで注意したいのは、ハイライトの上からファンデーションを重ね塗りしないこと。厚塗りになってしまい時間が経つと、よけいにしわが目立ってしまいます。

この他には、しわの部分よりも広めにコンシーラーを塗って叩くようにして馴染ませ、さらにスポンジで抑える方法があります。ポイントは、薄く塗ることが大切。

また、しわに視線がいかないように口元や目元にポイントを持ってきたメイクで、視線を誘導するテクニックも効果的です。

赤いリップにしたり、マスカラをしっかりつけたりすることで、口元や目元を目立たせれば、しわがぼやけて見えます。他のパーツを華やかにして、目くらまし効果を!

メイクという強力な武器を使って、目の下のしわを解消する

メイクで目の下のしわを解消しましょう。女性なら、メイクアップという強力な武器があります。

目の下は皮膚が薄く、皮脂も少ないので乾燥しやすいという特徴が。だから、きちんとケアしないでいると早いうちからトラブルに悩まされてしまいます。

しわは隠すというよりも、目立たせないようにするのがコツ。ファンデーションも薄く、ナチュラルに仕上げます。

しわに白っぽい明るい色をつけると、膨張して見えます。そうすると影になっているしわが、グッと前に出ているように見えるので、しわが目立たなくなるというわけ。

コンシーラーを使うタイミングは、併用するファンデーションの種類によって異なります。おすすめのコンシーラーは、ペンシルタイプもの。

下地を塗った後、目の下にハイライトを塗って、よく馴染ませることが大切です。最後に粉おしろいをフワッと薄くつけて、余分な粉は落とします。

また、しわに視線がいかないように口元・目元を華やかにして視線を誘導しましょう。

アイメイクを落とす時には、デリケートな目の下の皮膚に負担をかけないように目元専用のクレンジングを使用して、顔全体のメイクを落とす前にコットンで優しく拭き取ってあげましょう。