目の下のしわを取りたい

目の下のしわを取りたい
目の下のしわを取りたい > ハリを取り戻す > 美容整形には、どんな施術があって、どのくらい費用がかかるの?

美容整形には、どんな施術があって、どのくらい費用がかかるの?

年齢とともにたるみやしわができてしまうのは仕方がないことなのですが、それでも顔にできるしわは、一気に老けた印象になるので、できてしまうと気分も沈みますよね。

顔にできるしわといえば、おでこ、そして目元。人とあって話すとなれば、当然相手の目を見たりしますから、笑ったりしたときにできてしまう目元のしわって気になりますよね。

今はかなり浸透してきた美容整形ですが、目元のたるみやしわもなくすことが可能です。美容整形といってもいくつかの方法があって、費用やしわの状態によって自分に合った方法を選ぶことができます。

1.注射治療

ヒアルロン酸やボトックスを目元に注入して、肌のハリを蘇らせます。

メスを使わず自然な仕上がり、施術時間もほんの数分でダウンタイム(普段の生活に戻れるまでの時間)が短いなどのメリットがあります。

一回の治療で大体半年から一年程度効果が持続し、費用の相場は5万円前後ですが、安いところなら1万円ほどから受けられます。

2.下瞼脱脂術(切らないたるみしわ取り)

異物を入れず、それぞれ短い施術時間でダウンタイムがほとんどなく、傷跡が残りません。

特に下まぶたのたるみが気になる人、クマが気になる人、老けた印象の人にオススメの方法です。

費用はおよそ30万円から。

  • a. 膨らんでるたるみ → 目の下の脂肪を注射器で除去
  • b. 凹んでるたるみ → 脂肪を注射器で注入

3.切開ハムラ法/裏ハムラ法(切るたるみしわ取り)

  • a. 切開ハムラ法
    下まぶたの睫毛の根元の目立たない箇所を切って、膨らみ箇所の脂肪や余分な皮膚の除去、凹みの部分に移動させる手法です。手術時間は90~120分、ダウンタイムは1ヶ月程度で、費用は20万円から30万円ほどです。
  • b. 裏ハムラ法
    下まぶたの裏側を切って、膨らみ箇所の脂肪を除去、凹みの部分に移動させる手法です。手術時間は40分ほどでダウンタイム1週間から10日程度です。費用は25万から40万円といったところです。
  • c. アイバックリムーブ法
    下まぶたの睫毛の根元を切って、脂肪や筋肉、皮膚をそれぞれ調整してしわやたるみをなくします。手術時間は60から90分、ダウンタイム1週間程度で、費用は20万円ほどで、比較的人気が高い施術です。

このように一言で美容整形と言っても数分でできて元に戻せる施術から、半永久的に持続させることのできる施術まで、目元の若返りには様々な方法があるのです。

メリットとデメリット、そして費用を考慮し、どの施術を選ぶのか十分検討することが大切です。通常、施術前にカウンセリングを行い、より詳しい説明を受けられます。

まずはどのような施術があるのかを知ったうえでカウンセリングを受ければより良い選択ができる助けになるはずですよ。